FC2ブログ

フードの話5

まぁ~ずらずらと書き込んできましたが、いよいよもう書き込む事も無くなってきました
今日はワンコに与えていい物、悪い物が本に載っていたのでお知らせしてみようと思います

悪い物は以下の通りです
ねぎ類
イカ たこ かに えび 牛乳 こんにゃく(但しこんにゃくはプロセッサーなどで細かくすればOK)
加熱した骨類
香辛料
甘いお菓子
塩分の多い加工食品
カフェインを含むもの
チョコレート ココア
アロエ
アルコール類
干しぶどう
生の卵白(加熱すれば全卵与えてよい)
じゃが芋の芽、トマトやナスのヘタ

12.8 001
 

与えていい物 数字は10kgのワンコの分量です、前回の換算率から計算してください

しょうが2g
コンソメ1g
粉チーズ小1
バルメサンチーズ
カテージチーズ50g
無塩バター2g
サラダ油小1
オリーブオイル小1
ごま油
蜂蜜小1
みりん1g
豆乳150cc
生クリーム大1
しらす塩抜き
かつお節(毎回使っても大丈夫です)

以上の物で味付けしてもいいみたいです 意外と多いですよね
野菜の煮込みは甘く仕上がりますので味付けは特にしなくて大丈夫ですが、我が家では肉がお休みの時塩分不使用のバターを入れてカロリーを上げてみたり納豆のトッピングだったりゆで卵を入れたりしています 


12.8 002
 

前回の おじやシンプルからスペシャルまで1ヶ月で手作りフードに移行できたら、今度は自由に組み合わせていきます

バーディままはここで失敗しました→参考にする本などの分量のまま突き進みました
結果!痩せ過ぎ~ 特にバーディが痩せました 
老犬はあまり痩せ過ぎるとキケン!と先生に忠告されました ^^; 
対策として排便の量をドライフードの少し少なめ位に何時も観察するといいですよね
参考の本の分量とワンコの体調 体型 etc と相談しながら(いや!してたんですけれどね~だから排便の量が一番正直ですよ…)

ごはんの注意点
1 具を食べやすい大きさにする(消化しやすい大きさにする 豆類はそのまま出てきますよ~)
2 水分をたくさん与える(沢山の水で煮込む)
3 食べてはいけない食材を与えない
この3点さえ守れば自由にアレンジOKです

作り方
ステップ1 穀類を用意し…

白米、雑穀米などの穀類を、しいたけやかつお節などでだし汁と合わせる

ステップ2 肉、魚類を加え
上記の物に肉か魚を加え火を通す できあがりの約4割が肉、魚類になるように雑穀よりも多く入れる
(バーディファミリー…これが少ないか・・・ ^^;)

ステップ3 その他の食材を加えて
肉や魚の色が変わったら色とりどりの野菜や海藻を細かくして加える

ステップ4 仕上げ+α 終了です
全ての材料に火が通ったら、油やチーズなどの+αの食材を少量トッピング


材料の選択

穀類
白米 そうめん スパゲティ 玄米 うどん など

肉 魚類
あじ いわし ささみ 鶏肉(むね肉脂切り取る)牛肉 生たら 生鮭 まぐろ レバー なまり節

野菜 
赤の食材 なす パプリカ 赤ピーマン トマト 
黄色の食材 小豆 高野豆腐 おから 大豆(水煮でよい)ごぼう さつまいも にんじん しょうが クリームコーン かぼちゃ
白の食材 ヨーグルト 焼き豆腐 豆腐 卵黄(生)全卵(ゆでる) かぶ 豆乳 じゃが芋 白菜 サトイモ もやし 大根 れんこん
緑の食材  青海苔 バジル アスパラガス キャベツ オクラ 枝豆 さやいんげん グリーンピース きゅうり カブの葉 ブロッコリー ピーマン ほうれん草 レタス 小松菜 チンゲンサイ セロリ
その他の食材 きくらげ こんぶ しいたけ えのきだけ しめじ ひじき わかめ 黒ゴマ(すりゴマのみ) 納豆 バルメザンチーズ カテージチーズ 食塩不使用バター オリーブオイル ごま油 サラダ油 みそ(小1/6)
以上~です!面倒くさそう ^^;

ごはんと肉と色取り取りの野菜を煮てカラフル鍋になればいいので簡~単
特に大型犬はゴハンを呑むように食べますから 細かくか煮込むか消化のいいようにしておくといいですよね
それと 魚の骨…一度まるが引っかかりました気をつけましょう

カルシウムについて 
市販のフードにはカルシウムが大量に配合してあるものが多く、同じ量を手作りから摂取するのは難しいと思われがちです。しかし、心配することはありません。野菜や海藻類のカルシウムは吸収率が高く、少しの量からでも充分に摂取できます。また、野菜や海藻のカルシウムはとり過ぎても吸収されず排泄されるため余分なカルシウムが軟骨に蓄積されてしまう「カルシウム過多」になりにくいという利点もあります。体にやさしいカルシウムといえるでしょう。
ワカメ ひじき 青のり あしたば チンゲンサイ

歯垢について(バーディままもこれが心配でした)
歯垢がたまりやすくなるのは手作りごはんのせいではなく、あくまでその犬の体質の問題です。
我が家のワンコども 噛んでいません 呑んでますもん…
歯磨きをする 噛みごたえのある食材を入れる 食後に硬いものを与える
今のところ3ワンコ以前の歯と変わりないです

などなど バーディ母さんの報告は終了です 
我が家では長い間ユーカヌバフードにお世話になってきました今回のお友達のコメントを参考にすると拝毒作用は少なかった事が分かりました、さくら達は2ヶ月で済みましたし大した排毒では無かったようです バーディに関しては4ヶ月かかり若いのに比べれば反応は強かったです。ですが代謝機能は全てのワンコがよくなった早くなったのだと感じました、排毒作用で脂肪の塊のようなものが出来ましたがよく聞く話よりも早く取れています、ドンドン出ていったんじゃないかなぁ~と思います。
だからって病気にならない!なんて思ってませんけれどね…
 犬の病気の発症は7歳が一度目のメド2度目は10歳辺りのようです いつか愛するパートナーであるワンコに体調不良が出てきたら「手作りフード」が思い出せるといいなぁ…と思っています、お休みの日だけ作ってみるとかね…
さくらまるは勿論のこと最近バーディも筋肉マンになってきました 前輪駆動が4WDになりつつあるので負けないように頑張りま~~す p(^^)q
お付き合いありがとうございました 毎日この食べっぷりに励まされています  まるだけ尻尾をブンブン振ります、何故だか?これは不思議です5年間ず~っとです (^0^)

[広告] VPS



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

にほんブログ村

読んでくれてありがとう
ぽちっとお願いします♪
スポンサーサイト



6 Comments

ルータンルージュ  

>お休みの日だけ作ってみるとかね
ここがネックなんです。
これだと、ウンPやわらかになると思うんです。
やっぱ、徐々に切り替えしていく方法が1番なのかな!?
手作りにするには、ルイーズパパの毎日の時間割りが
問題だなぁ。

3ワンズ・・・おりこうさんですね。
自分のごはんがくるまでちゃ~んと待ってる。
他のごはんに見向きもしませんね。
さすがママさん、しつけができてますね。(*^^)v

2011/12/13 (Tue) 12:54 | EDIT | REPLY |   

ブーくん  

とっても勉強になりました!
ブライヤーはフード以外禁止なのであげる事はないのかもしれないですが
たまたま食べられてしまった・・・という事もあると思うので熟読しました★

ママさんの手作りフードとっても美味しいのでしょうね★
3ワンちゃん達お利口です!!

2011/12/13 (Tue) 15:04 | EDIT | REPLY |   

バーディ ママ  

ルータンルージュさん

むむ?やる気になった?
でも…1ワンコだから週に2回作ればOKですよ 夏は不明ですが
そちらはお水がいいのでいいご飯ができると思います!

いやいやぁ~~ (*^^*)
お利口さんだなんて 照れます
ガツガツくんですよ…

2011/12/13 (Tue) 15:51 | EDIT | REPLY |   

バーディ ママ  

ブーくんママ

こんにちは!
ケッコウOKなものは多いですよね
ナンだか気が引けて遊びにいけませんでしたが
一仕事終わったのでこれからはまたお邪魔しますね (^0^)/

2011/12/13 (Tue) 15:55 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/12/14 (Wed) 12:26 | EDIT | REPLY |   

バーディ ママ  

鍵コメさんへ

ありがとうございます
楽しみv-25

2011/12/15 (Thu) 17:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment