家族だから・・・・悩むね



きんときさんのかあさま 辛い心中を語られました
状況は違いますが
自分もバーディの最後には苦しい思いをさせてしまいました
この最後の際の判断はとても難しいのです
素人なのですから当然ですが・・・
でも
物言わぬ家族の判断をするのは自分たちなのです

IMG_4565.jpg

先生ともよく話していたつもりですが
尊厳死には至りませんでした

IMG_4566.jpg

こんな体を車に乗せてもいいものなのか・・・
とても悩みましたが 助ける為です
何も食べてくれないのです

IMG_4567.jpg

でも 今思えば この時
家族として受け止める覚悟が必要だったのです

仕事柄いろいろな話しを聞きますが
多くの方がこの苦しみを持っているのです

IMG_4573.jpg

私はあの時バーディに教えてもらいました
さくらやまるが神の領域に達した時
今度は
病院にある子犬用のミルクを買ってきて
そっと与えます
そしてゆっくりゆっくり穏やかに過ごしたいと思います

色々な方法があるのかもしれません
どうか沢山検索して探ってみてください





ラブラドール・レトリバー ブログランキングへ


にほんブログ村

遊びに来てくれてありがとう ♪
スポンサーサイト

2 Comments

もるひめ  

読ませてもらいました。
㋪パパもそうでしたが、「自責の念」にかられるんですよね。
いつまでも・・・・いつまでも・・・・
なんであんなことをしたんだろう。
良かれと思ってしたことが、実は・・・・ってこともあるんですよね。
自分対して、悔しがるんです。
そして、どんどん「負の迷路」に迷い込む・・・・。

その出口を探そうと思ったら、出口はもうすぐ見つかります。
㋪パパは、ひめでしたが、
いろんな出口を見つける方法はあると思います。

きんときママさんも、もう少ししたら、出口を探してほしいなぁ。

2015/11/06 (Fri) 12:58 | EDIT | REPLY |   

バーディ ママ  

もるひめさんへ

こんにちは!

> 読ませてもらいました。
> ㋪パパもそうでしたが、「自責の念」にかられるんですよね。
パニックみたいになっちゃいますからね
そこから抜けるのが大変ですよね・・・

> いつまでも・・・・いつまでも・・・・
> なんであんなことをしたんだろう。
> 良かれと思ってしたことが、実は・・・・ってこともあるんですよね。
> 自分対して、悔しがるんです。
> そして、どんどん「負の迷路」に迷い込む・・・・。
親も健在ですしまだ体験した事無い事
それなのに最愛のコを亡くし 
正しく「負の迷路」ですね

> その出口を探そうと思ったら、出口はもうすぐ見つかります。
> ㋪パパは、ひめでしたが、
> いろんな出口を見つける方法はあると思います。
出口・・・そうですよね 
私は1年が転機となりました
そして何よりも さくらとまるが側にいてくれた事に感謝しています

> きんときママさんも、もう少ししたら、出口を探してほしいなぁ。
ほんとうに
きんときさんは16歳 17歳に近かったので悲しみも深いでしょうね
動物は何も言わない所が…より一層悲しみを誘いますよね・・・

2015/11/06 (Fri) 13:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment